インタビューINTERVIEW

山﨑由佳2016年入社
現場施工
お仕事の内容を教えてください。
工事現場での現場施工を行っています。
1つの例として、コンクリート建造物の施工を行うにあたり、重機を操作し土砂を掘削したり、高い場所で作業を行えるよう、足場を組み立てたり、コンクリートの形状を決める型枠の組み立て、コンクリートの打設等を行っています。
新和組をどこで知りましたか?また、新和組に就職した決め手は何ですか?
高校生を対象とした就活ガイダンスで、たまたまこの会社を知りました。
元々、建設業界に興味があったわけでも、何かを目指していたわけでもありませんでした。
「女性の少ない業界だけど、ぜひこれから活躍していったほしい」という言葉をきっかけに、私自身が成長していける大きな経験になればいいと思い、新和組に入社することを決めました。
仕事をやっていてよかったこと、嬉しかったこと、やりがいを教えてください。
少しずつではありますが、日々の作業で経験を積み重ね、技力が身につくと自分ができることの範囲が広がっていくことがやりがいです。
経験したことのない作業をするときには不安になる時もありますが「この経験によって、また1つできることが増える。これからできる仕事の幅が広がった」と思えた時には、また次も頑張ろう!という気持ちになります。
仕事をしていて難しさや大変さを感じるのはどんな時ですか?
「仕事は体で覚えなさい」と教わったことがあります。
考えるよりも手を付けることで理解できることが多いように、実際にやってみなければ分からない作業が、私にはまだたくさんあります。
私の知識不足で他の作業員の方に迷惑をかけてしまうこともありました。
これはどうすればより安全に・綺麗に・手早く仕上げられるかと考えながら、スムーズに作業を進めていけるようになりたいです。
職場の雰囲気を教えてください。
若手からベテランの方まで、幅広い年齢層が集まりますが、男女関係なく仕事の話から、休憩時間にはプライベートの話、たわいのない会話ができる雰囲気です。
些細なことでも周囲の方とのコミュニケーションを取ることができます。
職場には明るく活気が溢れた方が多く、溌剌としています。
今挑戦していることや、今後の目標はありますか?
作業も管理もできる職長になりたいです。
今は指示を受ける立場にありますが、これから経験していく現場の中で少しでも多くの技術と豊富な知識を身に付け、将来は人に指示を出し、現場をまとめるリーガーになりたいと思います。
きつい、つらいと思う場面に出会うこともあるかもしれませんが、めげずに頑張ります。
入社希望者へメッセージをお願いします。
私が現場に出たての頃は、この仕事の右も左も分からず、毎日あたふたとしていました。
そんな時、私は仕事のできる先輩に疑問に思ったこと、わからないことはすぐに質問しました。最初は分からないことがあって当然ですし、周囲の方に聞くということは決して恥ずかしいことではありません。
人の仕事を見て、聞いて、自分自身で体験して少しずつ力がついてきます。
怖がらず、大きなチャレンジ精神を持ち、建設業を担う一員として共に成長して行きましょう!

1日のスケジュール

8:00
朝礼
当日の工事内容の打ち合わせ。
役割分担や危険なポイントを周知し仕事を開始します。
10:00
休憩
水分補給等により、休憩します。
12:00
昼食
昼食をとり、残りの時間は休んだりお昼からの仕事の準備をしたりします。
13:00
作業開始
怪我、事故のないよう十分気をつけながら作業します。
15:00
休憩
水分補給等により、休憩します。
17:00
作業終了
釘じまい、飛散養生等の片付けをし、作業を終了します。

休日の楽しみや趣味などを教えてください。

趣味といえるものは多くありませんが、日常の中で1番身近なものとして、音楽鑑賞です。特に、 UVERworldというロックバンドが大好きです。(写真は新潟でのLIVEに参戦したときのものです。)
アップテンポでノリがよくジャカジャカした曲が好きですが、そうでなくて、特に好きな曲があります。その曲、『ALL ALONE』には、何か大切なものを教えられた気がして、とても考えさせられました。
魅力は語り尽くせませんが、多くの曲に共通するメッセージ性の強い歌詞の中に、私たちが忘れている大切なことを思い出させてくれるような言葉があり、ハッとさせられます。
どんな悩みや迷いをもブッ飛ばして、いつも背中を押してくれる、アツい存在です。